So-net無料ブログ作成
検索選択

初長物加工 [鉄工]

移動振れ止めを使用して初めての長物加工に挑戦してみました。 (; ̄ー ̄A アセアセ・・・

■クロモリ
最初の材料はクロモリ(約700mm)で、Φ35 ⇒ Φ32に仕上げます。
SANY0183_1.jpg

チャック側にはアタリを取り付けて、10mm程度掴みます。
SANY0185_1.jpg

刃先が移動振れ止めのツメより5~10mm程度前に出るように、刃物台を調整します。
SANY0187_1.jpg

SANY0188_1.jpg

粗びき中。
キリコが粘いです。
SANY0214_1.jpg

ヘールバイトで仕上げです。
SANY0157_1.jpg

真ん中で4/100の振れで仕上がりました。 (;^_^A アセアセ・・・
SANY0157 (2)_1.jpg

ビビリが発生してしまいました。
父曰く、「移動振れ止めによる長物加工は一生勉強」だそうです。 ((φ( ̄Д ̄ )ホォホォ
SANY0211_1.jpg

ヘールバイトによる切削。



■S45C
次はS45C(約1000mm)をΦ35 ⇒ Φ29に仕上げます。
Φ32では振りも4/100程度で肌もきれいでしたが、、、
SANY0161_1.jpg

Φ31を切ったあたりから、振れだして肌も汚くなってしまいました。 (´;ェ;`)ウゥ・・・
切削速度が足りないんでしょうね。 因みに主軸回転数 590rev/min、送りは0.2mm/revです。
SANY0166_1.jpg

振れは0.4mmでした。
SANY0163_1.jpg

難しいですが、とてもいい勉強になりました[exclamation×2]
SANY0168_1.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。